シミを作らせないための予防法とシミを消す方法

シミを作らせないための予防法とシミを消す方法

気がついたら肌にシミがポツンと増えていたということはありませんか。

 

シミはいったんできたら薄くするのが大変ですから、作らないようにしっかり予防対策をしておくのが大切です。

 

シミだけでなく紫外線は肌を老化させてしまって、乾燥やしわ、くすみやたるみなどを起こしてしまいます。

 

普段から紫外線対策をしておくことで、シミを予防して若々しい肌を保つのに役立ってくれます。

 

定番の日焼け止めを使ったり、日傘や帽子などでしっかり紫外線を防ぐようにしましょう。

 

また、シミ対策に重要なのは保湿です。

 

肌にはバリア機能が備わっていて、これが弱くなることで紫外線が肌に入り込みやすくなります。

 

バリア機能が弱くなるのは肌が乾燥している時で、角質などの乱れが起きていてそこから紫外線が入り込んで来ます。

 

夏は汗や皮脂が多く出てベタつきが嫌なので化粧水だけでスキンケアを済ませている方は、自分では気が付かないうちに肌が乾燥しています。
暑い夏の外気は肌の水分を奪ってしまいますし、室内のエアコンは肌の乾燥を加速させてしまいます。

 

夏でもしっかり保湿を重視して、美容液や乳液などで保湿してあげましょう。

 

紫外線を入り込みにくくするためにも、肌表面の角質をきれいな状態に保っておくのがポイントです。

 

できてしまったシミは飲み薬で消そう!

どれだけ紫外線対策をしていても、少なからず紫外線のダメージは受けてしまいます。

 

そして、長年蓄積された隠れシミがある日突然肌表面に現れてしまいます・・・

 

シミはできてしまうとそう簡単には取れません!美白化粧品でシミが取れると勘違いしている人も多いみたいですが、美白化粧品ではシミは消えないのでご注意ください。

 

ギ泊化粧品に配合されている美白成分は、紫外線のダメージを抑えてメラニンの生成を抑制する成分になりますので、シミを消すのではなくシミを増やさない化粧品なのです。

 

つまり、美白化粧品ではシミは消えないと言うことです。

 

シミを消したい場合は、シミを消す医薬品がおすすめで、体の内側からシミの原因のある真皮層へ直接アプローチできるので早ければ飲み続けること3ヶ月ほどで気になるシミが消えてしまいます。

 

皮膚科のレーザー治療が効果的とも言われていますが、レーザー治療のデメリットはシミの再発と失敗した場合さらにひどい状態になります。

 

そう考えると薬でシミを消すのが最も安全で安心と言うことになります。