出来るとなかなか消えません!シミ予防は大切です【A様の体験談】

出来るとなかなか消えません!シミ予防は大切です【A様の体験談】

私がシミに悩まされるようになったのは40歳のとき。

 

それまでスッピンでした。

 

しかもタバコを吸うという最悪なコンディション。

 

出来て当り前ですよね。

 

ちょうど左頬がひどく3つものシミが出来ています。

 

シミに気が付いてから慌てて紫外線対策とシミ隠しのためにBBクリームを塗るようにしました。

 

日差しが強い時には日傘もさしています。

 

それで何年経ったでしょう。

 

もう5年くらいはそんな感じで過ごしていますね。

 

それでもシミは消えません。

 

ひどくなる事はありませんが消えない。

 

有名な美容家の先生は「シミは消える」って言っていたけど…。

 

実感としては消えないけどなぁ、という感じです。

 

あまりに消えないのでネットで調べてみることにしました。

 

するとシミというのはその部分の皮膚がシミを作ろうと決めたから出来るのだという事です。

 

つまりその部分の皮膚がターンオーバーで新しい皮膚になっても皮膚がシミを作らない気にならないと作り続けるという事らしいですね。

 

それは目からウロコでした。

 

紫外線を浴び続けた結果、そこの色素を濃くするべきと皮膚が思ってしまったのですかね。

 

そう思い込んだ皮膚がもう作らなくても良いと思ってくれるまでいつまでかかることやら。

 

気が遠くなります。

 

今スッピンでいる人は要注意ですよ。

 

私はファンデーションが嫌いでスッピンでしたが、今は軽いつけ心地のBBクリームもありますしせめて日焼け止めは塗ってお出掛け下さい。

 

本当に簡単に消えませんから作らないのが一番です。