首にできるポツポツとしたイボは予防できるの?

首にできるポツポツとしたイボは予防できるの?

気付いたら何か首元に引っかかるものが、そう思った時にはすでに出来ているのが首イボです。首周りは露出していることも多い部位ですので、首イボがあると急に老けて見えてしまって嫌になりますね。

 

この首イボの主な原因は紫外線による肌の老化と摩擦し激が原因です。

 

健康な肌の場合、古くなった角質は代謝と共に排出されていきます。

 

ですが紫外線にさらされることの多い首周りは顔よりも年齢がでやすく、思っているより肌が老化しているものです。

 

古くなった角質がうまく剥がれ落ちずに肌に残ったままになっていると、摩擦刺激から他の汚れなどと混ざり合ってイボになってしまうのです。

 

特にネックレスをひんぱんにつける人などの場合、そのネックレスのチェーンが当たる部分に首イボができやすいです。

 

つまり首イボを予防するためには、顔と同じように丁寧なケアをして少しでも肌のターンオーバーを改善して、摩擦の原因になっていることを止めることなのです。

 

ネックレスは付けっぱなしにせずに外出する時だけにしたり、デコルテ部分があまり露出していない服を着るようにします。

 

また顔のスキンケアをするついでに首も同じようにケアをして、日焼け止めも忘れないように塗ります。洗顔フォームで首も同じように洗うようにすれば、肌の角質もはがれやすくなり首イボもでき辛くなります。

 

もしすでに首イボができていて困っているのでしたら、自宅でできる首イボの取り方を参考にすると良いでしょう。